機体

2015年2月17日 (火)

2014/12 ライトフライヤー

Dscn4792

正しくはフライヤー1ですかね
プロフィール機の自作は初めてかもしれません
設計ミスもありますし図面を見ないで作ったら
設計と違うところもありますが
結果としては割と良く出来たと思ってます

Dscn4794

胴体は三角胴の双胴で
主翼は立体翼の複葉です、ピンとしてるでしょ(^_^;

実際に飛ばして見て、それなりに飛びますが
調整をする前にクラッシュしていまいました

Dscn4790

主翼から尾翼に補強を入れる必要がありそうです
ちなみ1回修理しましたが2回目も壊れました(;‐;)

ネットで実機の写真や図面を探して作った訳ですが
垂直尾翼回が一番ビックリしましたし悩みました
思い出してみれば入院中で時間たっぷりの時ですね(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

2014/11 カナード

Dscn14530

日本語だと先尾翼、カナードとエンテが何語か知りませんがカモの事らしいですが、カナードが好きかも

カナード様ご一同です
右上3機が以前からの機体で真ん中が今回計測に使用した機体です。だいぶ老朽化しています

右下3機が2年位前からやってる新型(^_^;です
前進翼やめて、2段上半にして、中央コード長めに取り胴体を少し太くしました。一応主翼も取り外し式です

中央コードを少し減らし、1段上半にした翼を作ってテストしようとは思っていますが
なかなか手が動きません、ちょっとめんどくさくって(^_^; 
旧型で少し胴体太く改良した機体が手っ取り早いかもです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

2014/10 親子

2機セットでリリースして先に落ちた方のタイムで競います
飛行中に分離しなければノータイムで
リリースと同時に分離もノータイムですが、微妙過ぎて判定出来ません(^_^;

始めた頃は分離出来れば勝てる感じでしたが
最近は綺麗に分離する機体が増えているので
タイムも伸びています

新型作りましたが時間切れで計測には使用出来ず
いつもの機体で参加しましたが結果は散々でした
いろいろありまして(;‐;)

Dscn14688

Dscn14694

新型です
双胴ソアラの機首を改造して子機を抱えてます
計測に使った上下に分離する機体を作ったのは
同じような方向のベクトルは分離しないと思ったからなので
親子ともイメージ通りに出来上がっても分離しないかもしれません(^_^;

Dscn14690

子機のイメージは2つ有りました
それで迷っていたのも時間切れの理由の1つです

イメージ1はソアラの逆の全長:全幅が2:1
今の子機の胴体に実際にその主翼を載せましたが
絶対飛ばないと思ったのでやめました

イメージ2は細長い胴体と細長い主翼の機体
細かな事は判りませんが20m真っ直ぐ飛んだ例の機体です

新型の構想的にはイメージ2の方が適していたと思いますので
現在翼だけ改修中です

これもイメージですが
親機が通常の上昇パターンで出来れば角度を付けての射出から
滑空に入れる機体で
子機は強いループ傾向の上昇で初速が早いとループするぐらいで
滑空に入ったらゆっくり飛ぶように調整するつもりでした

子機のループを親機が押えるというか
親機が子機に持ち上げてもらうというか
そんな上昇をしてもらい
頂点でテールスライド気味に滑空に入れれば
分離出来るかなと思っていました

なので、なだらかに滑空に入られると困る訳です(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

ソアラ その後

Dscn14675

通常型ソアラの2号機か3号機
3回飛ばすと尾翼が曲がります(;-;)尾翼端の垂直尾翼を上が大きいモノに変更したため、高速時の抵抗で曲がったようです。
尾翼はケント紙1枚で長いので力負けですね。

垂直尾翼は単なるデザインとして上下対称に近かったのですが、結果としては良かったみたいです、これも付け替え予定です。

元々主翼前縁が浮き上がっていたためループが抑えられなかった機体で、尾翼が曲がるのはループの影響だと思っていましたが、前縁を修正してループしなくなっても修まらなかったので抵抗のためだと思うようになりました。

Dscn14682

新型のその後ですが
フラフラしているのは垂直尾翼容積不足だろうと思って現地で試したモノ。予想通り安定したので、この後付け替えしました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

2014/8 無尾翼

Dscn14516
鬼門の無尾翼
毎回書いていますが正確には無水平尾翼で今年の制限は首なしです、翼前縁より前に機首が出ないデザインである事で、地味に難度高いです。

写真上がタイプ2で主翼の平面形は同じで中身が違います。あと胴体と翼端版を変更していますが、1号機の部品を替えたのか2号機作ったのかは不明、熟成3年位かな(^_^;

下がタイプ3で主翼の中身だけ違います
欲張って翼端まで桁(の様なもの)を入れたせいで上手く飛ばないのかと思っていたら、翼端がねじれていただけでした
でも余りメリットを感じなかったのでタイプ4では翼端までの桁は止めました

Dscn14522
タイプ2です

Dscn14520
タイプ3です
翼前縁の土は手こずった証です(;-;)

ちなみに、何も変わっていませんが写真は1月に撮影したものです



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

2014/7 ソアラ

久しぶりの飛行機の記事(^_^;
ここ数年変わっていませんが全長:スパンが1:2以上でスパン30cm以上が条件です。
2種類新作をつくりましたが開発が進まなかったので結局去年までと同じ通常型の機体で計測しました。

Dscn14647
新型1です
まだ高度が取れないですがゆっくりひらひら飛びます、15秒位(^_^;
奇をてらった訳では無く、水平尾翼を出来るだけ外側に配置したかったからのレイアウトですが、確信があった訳ではなく安定が増すと思いました。
写真は2号機で1号機の方が良く飛んでました

Dscn14650
新型2です
新型1を作ってて思いつきました、工作的にはこちらの方が楽ですが重量は重めだと思います。
出来上がったのが金曜なのでほとんどテストも出来ずで、まともにリリースすらできない状態です。ローリングの軸が定まらない感じです。

テストしたくて居残ったせいで、どしゃ降りの雨の中帰るはめになりました(;‐;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

2013/6 同一翼3装

Dscn14333
規定機種のテーマとして判り難いと思いますが3葉機と勘違いされないようにしてます。同じ平面形をした翼だけを3枚以上装備している機体ですが、同一平面にある必要はありません。
前よりに2、尾翼に1が飛ばしやすいですが揚力過多になりますので、2枚目は翼端を上側にねじり上げて揚力をスポイルするように調整してます。...正しくはそうなるつもりで調整してます(^_^;)
Dscn14336
1つ目の翼は上半角を強くして2つめにも空気が当たるようにしてましたが重ねた方が調整し易かったかもしれません。
ちなみに3枚とも中空翼です、特に尾翼は重量の関係で1枚でも良い位ですが”同一”という条件に反していると突っ込まれないように作ってました。調整を保持する事を考えると結果的には良かったのかもしれません。

Dscn14323
別レイアウトの1号機
Dscn14319
2号機です

タンデムのときも同じような機体を作ったのでやってみました。重いので突っ込むと首が折れるのと、軽量化のため翼のマウント部を2枚で作っているので翼がしっかり固定出来なくて調整が難しいのが欠点です。もちろんそんなに飛びません(^_^;) せいぜい15秒です。
写真は2機とも上下の翼を安定版で連結したものです、最初2号機は3枚とも連結しましたが機体のイメージが変わりすぎてイヤだったので上下だけに変更しました

1号機は上下の間隔も前後の間隔も広め、2号機は狭め
どちらもそんなに飛ばしていませんが1号機の方がグライドします。上下と前後のどちらの要素の影響が強いのか調べたくて3号機を作りました
Dscn14331
2号機から前後の間隔を広げました。
ラッカー塗ったあとベランダに干していて回収忘れたので朝露でやられてしまい、現在飛行不能です、半年位干してみます(;-;)

3号機の図面作ってて気が付いたのですが1,2はスパンが160未満でした(^_^;)
なんでそうなったか判りませんが、図面には片側80という寸法線がしっかり入ってました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

2012/8 リング 2

Dscn13751
2012年モデル4号機
3号機よりも前に重さを移動させていったら、こうなりました(^_^;) 

Dscn13755
フロント側にかかる重さが中途半端なのかと思い翼の後ろ側をカットしたモノ。この状態でしこたまオモリ入れまてやっと発進出来ましたが調整を進める気にはなれない重さでした。

予想なんですが、一番揚力が出る主翼が前過ぎて、その上後ろにリングという重量物があるのでフロントが上がりやすいのだと思います。構造物としての重心と空力的な中心が近い程安定するだろうと思っていますが、言わばその真逆な訳です(;-;)

全然飛ばなかったのは悔しいですが、なんとも面白かったです
半分負け惜しみですけど(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

2012/8 リング

Dscn13767
計測は去年と同じモデルで参加しましたがここでは2012年モデル(^_^;)を紹介します。
”尾翼をリングにする”とスタートしたのですが、形になったのはこいつら。

Dscn13772
左の主翼がほとんど無いヤツが1号機
胴体とサイドの補強が雑ですが、組立中に修正したモノです。サイドは落ち着きましたが中央はさらに数回変更が入ります。

とりあえず機首にしこたまオモリを入れると綺麗に発進して頂点で水平飛行に、入りそうなフリだけして上昇と同じカーブを描いて落ちて来ます。

オモリが少ないと降りて来る途中で機首が上がってしまい、木の葉のように落ちます。どうやらバランスポイントがもう少し内側にあるようで、上手くバランスの取れるところで調整出来ればも少しグライドっぽくなると思います。これは3機種とも同じ傾向でした。

Dscn13773
真ん中の前進翼が2号機
今回作った中では一番なんとかなりそうなヤツです。1号機の浮きの悪さの対策で揚力の出る主翼を付けようと思ったモノです、生意気に中空翼です

Dscn13775
3号機はリアの重さを分散するつもりで主翼を前進させたモノ
これは前2つに比べものにならない程オモリをいれると何とか飛びます

3機種ともバランスポイントが見つかればもっと飛ぶような気がします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

2012/4 はがき1枚 2

Dscn13673
普通のヤツです
右が去年から作っているタイプで胴体の張り合わせ少なくしたのと垂直を大きくしました。ちょっと上向きのほぼ水平に射出するとループを描いて綺麗に上昇します。そのまま頂点から滑空に入るので背面に飛んでいる事が多いです。
射出で左右どちらかに傾くと頂点で返る事がありますが、ロールの安定が無いので背面に入ったりします。なんとなく背面が好きみたいです(^_^;)
その対策に垂直を大きくしましたのでロールの安定は良くなったのでしょうが背面になるのは避けられませんでした、やっぱり

”上反が足りない!”からでしょうかね(^_^;)

左は機体上部に垂直を付けたタイプ
どちらも性格に違いはなかった感じです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧