« 2012年7月 | トップページ | 2013年4月 »

2012年8月

2012年8月18日 (土)

2012/8 リング 2

Dscn13751
2012年モデル4号機
3号機よりも前に重さを移動させていったら、こうなりました(^_^;) 

Dscn13755
フロント側にかかる重さが中途半端なのかと思い翼の後ろ側をカットしたモノ。この状態でしこたまオモリ入れまてやっと発進出来ましたが調整を進める気にはなれない重さでした。

予想なんですが、一番揚力が出る主翼が前過ぎて、その上後ろにリングという重量物があるのでフロントが上がりやすいのだと思います。構造物としての重心と空力的な中心が近い程安定するだろうと思っていますが、言わばその真逆な訳です(;-;)

全然飛ばなかったのは悔しいですが、なんとも面白かったです
半分負け惜しみですけど(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

2012/8 リング

Dscn13767
計測は去年と同じモデルで参加しましたがここでは2012年モデル(^_^;)を紹介します。
”尾翼をリングにする”とスタートしたのですが、形になったのはこいつら。

Dscn13772
左の主翼がほとんど無いヤツが1号機
胴体とサイドの補強が雑ですが、組立中に修正したモノです。サイドは落ち着きましたが中央はさらに数回変更が入ります。

とりあえず機首にしこたまオモリを入れると綺麗に発進して頂点で水平飛行に、入りそうなフリだけして上昇と同じカーブを描いて落ちて来ます。

オモリが少ないと降りて来る途中で機首が上がってしまい、木の葉のように落ちます。どうやらバランスポイントがもう少し内側にあるようで、上手くバランスの取れるところで調整出来ればも少しグライドっぽくなると思います。これは3機種とも同じ傾向でした。

Dscn13773
真ん中の前進翼が2号機
今回作った中では一番なんとかなりそうなヤツです。1号機の浮きの悪さの対策で揚力の出る主翼を付けようと思ったモノです、生意気に中空翼です

Dscn13775
3号機はリアの重さを分散するつもりで主翼を前進させたモノ
これは前2つに比べものにならない程オモリをいれると何とか飛びます

3機種ともバランスポイントが見つかればもっと飛ぶような気がします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2013年4月 »