« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月25日 (水)

2012/4 はがき1枚 2

Dscn13673
普通のヤツです
右が去年から作っているタイプで胴体の張り合わせ少なくしたのと垂直を大きくしました。ちょっと上向きのほぼ水平に射出するとループを描いて綺麗に上昇します。そのまま頂点から滑空に入るので背面に飛んでいる事が多いです。
射出で左右どちらかに傾くと頂点で返る事がありますが、ロールの安定が無いので背面に入ったりします。なんとなく背面が好きみたいです(^_^;)
その対策に垂直を大きくしましたのでロールの安定は良くなったのでしょうが背面になるのは避けられませんでした、やっぱり

”上反が足りない!”からでしょうかね(^_^;)

左は機体上部に垂直を付けたタイプ
どちらも性格に違いはなかった感じです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

2012/4 はがき1枚

Dscn10230
これも言葉で説明するのが難しいのですが、ハガキ1枚をそのまま翼にする、1枚分からカットするのも付け足すのも無し、付け足すはそのまま面積を増やすのがダメで、写真のように同一平面でなければ良いみたいな感じで、上半角付けたり、垂直尾翼付けたりは問題なしです

写真は計測まで行けなかったへんなの達です(^_^;)どれもまともに飛びませんでしたねー。無尾翼機を安定させる翼を付けるアプローチですが余計な事しないシンプルなモノが一番安定して飛んでました。

下面に双垂直付けたものですが最初は面積が足りなかったのか、水平飛行中にふらふらロールしては背面になる事がありました。
その後面積増やしてやや安定しますが、その前に垂直を前にも付けたら安定するかもと思ったのが真ん中の機体です。
最初は単純に斜め下向きに付いてましたが、どう見たってカメですよね(^_^;)なので前足風に曲げてみました。
十分テストもしないうちに前を大きくして主翼にしたら、グライドが良くなるかもしれないと思ったのが、向かって右の機体です。リリースから安定しないしグライドもしないので早々に諦めました(;-;)

でもルックスは好き(^_^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

2012/6 非対称 2

Dscn13580
2箇所折れた部分を補強して尾翼小さくしたテスト機。あまりテストも出来ないうちに壊れたので廃版になりました、これ以上補強しても重くなるだけですから

Dscn13563
去年から作っているタイプ。去年は表面化しなかっただけなのか、3期とも同じ壊れ方しました。上が多分1号機、これが2号機で今年作った3号機まで全部2箇所折れました。
飛んでる姿は好きなのですが、無理があるんでしょうかね(;-;)

Dscn13567
あんまり壊れるから作った普通型(^_^;) よく判らないので主翼も尾翼も大きめに作りました。梅雨でテストも出来ていないのでボチボチと調整してみたいと思ってます。

Dscn13571
普通型作ってみて尾翼逆パターンが気になって作りましたが、まったく飛ばしていません。普通の普通型に戻そうかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »