« 惨事 | トップページ | 1001 22秒ルール »

2010年1月15日 (金)

惨事復旧...の見込み

Dscn4332










V字型に切ったフックはゴムが食い込む事があります
...っていうか最近初めて経験したんですが(;-;)

それなら鋭角ならなければいい訳で3mm径の1穴パンチを使ってフックを改良中の写真です。パンチのウラ蓋を開けて穴位置を合わせてパンチし、開いた穴に合わせて切り込んで整形します
実際に飛ばしていませんがひっかかりが無くなる予定です、ハイ

前の記事は
捨てたくなった機体でテストして再起不能になったモノで、普通の2穴パンチでチャレンジしました。穴の位置合わせを勘でやったのが失敗で、いろいろやってるウチにああなりました(^_^;)

|

« 惨事 | トップページ | 1001 22秒ルール »

機体」カテゴリの記事

コメント

前の写真の意味がよ~くわかりました。

私はV型の切れ込みにゴムが引っかかったこと、多数です。

「切れ込みに丸みをつける」

いいアイディアですね~。

投稿: 門真の田中 | 2010年1月15日 (金) 21時58分

以前”南の魔人”がホチキス2箇所にこだわった事がありましたが意味が判りませんでした、1つは開かないようにするためでテープでもOKですが、もう1つはフックの先端を斜めに渡るようにして食い込みを防止するためだったようです、お手軽でナイスなアイディアです。
マイスターもそうしているそうです

投稿: 本人 | 2010年1月16日 (土) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539216/47296895

この記事へのトラックバック一覧です: 惨事復旧...の見込み:

« 惨事 | トップページ | 1001 22秒ルール »