« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月22日 (水)

部分日蝕

Dsc_0044









まあ、大阪はこんな感じでした
1/60、F3.2、ISO感度200でND400装着。オリジナルは背景真っ黒ですが補正してます
ND100000というフィルターが存在する事は知ったのですが、結構なお値段で断念。昔使ったND400を探して使いました。快晴なら無理だったかもしれませんが曇天では十分過ぎる能力を発揮しました(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

09年03月 親子Type3

Dscn2424










親子Type3です。立体胴電池2本をベースに中央に溝を作り子機を格納をしました。子機は上下反対に差し込んであるので発進後1秒くらいでパシッと分離します。子機のリアが若干浮くようにスペーサーをかませてあります。
練習では両方とも30秒弱というのが最高でしたが平均では15,6秒だったと思います。本番では親機の調整が狂いパニックになってるうちに計測が終わってしまいました(;-;)。チキンハート愛好会です(^_^;)
”同一ベクトルは分離しない”と思った結果です、はい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

親子 フック

Dscn2431_4 Dscn2433_5






フックのパーツを発掘しました。通常のフック位置に接着し2枚の間に子機を挟みます、フックに固定した紙バネを付けたパーツが主翼にかかります。射出は子機のフックにゴムをかけます。

予定では(^_^;)射出した連結状態の2機から親機が押し出される形で離脱するつもりでした。実際はほとんど上手くいかず、射出後すぐに子機が落ちる事が多かったです。

子機の方が質量が小さいので”押し出す”代わりに”けたおす”状態になっていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

06年11月 立体胴

Dscn2423










非対称の新設胴と前進翼をベースに胴体を4角胴にして単3電池2本入るようにしました。ただ”立体”だとおもしろくなかったのか電池の条件が付いてました、出し入れ出来るようにする必要もあったので機首が差し込みになってます。
胴体太い割りには素直な飛び方をします、ゴムの斜めランチで発進して綺麗に滑空に入りました。ただしチキンハート教ですから(^_^;)成績は覚えていません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »